HOME  > 取材・メディア掲載のご紹介
営業時間のご案内神楽坂通り整体院ブログ子育てママへ 取材・メディア掲載のご紹介 求人情報 武蔵小山整体院 どんな症状でお悩みですか?【頭・顔・首】 頭痛 / 目の疲れ・首のこり / ムチウチ/ 顎の痛み/ めまい・耳鳴り/  など【肩・腕 肩こり】 / 腕や手のしびれ / 四十肩 / 肘の痛み / 腱鞘炎/  など【腰・背中・胸】 ギックリ腰 / 慢性的な腰痛 / 背中の痛み / 胸が痛む / など【臀部・脚】 坐骨神経痛 / 膝が痛い / 足の裏が痛い / 足が冷える / など【全体・自律神経系】 体がだるい / 寝つきが悪い / 生理痛がひどい / 下痢・便秘 / など【産前・産後のケア】 妊娠中の腰痛・体の違和感 / 産後の骨盤ケア /など

取材・メディア掲載のご紹介


NHK ニュースウォッチ9(2014年2月10日)




姉妹院である品川区武蔵小山の整体院で寒冷時期の腰痛についてのブログを書いていましたら突然、NHKから取材の申し入れを受けました。冷えとなれない雪かきでぎっくり腰の方のご来院が増えていたことから書き起こした記事でした。

ご遠慮申し上げたのですが、しばらくして再度ご連絡を頂きましたのでお受けしました。
取材は60分程度でしたでしょうか、受付の様子から、施術の風景、腰痛の起こるしくみや予防法などをお話させていただきましたが、実際の放送はわずかの時間でした。

放送直後から、全国の友人知人からメッセージをもらい、ちょっと遠方からのご来院も増えましたね。やはり全国区のテレビの力はすごいものだと思いました。

またいつ取材を受けても恥ずかしくないように、施術の内容や健康に関する最新知識を磨きつづけたいと思いをあらたにしました。

取材にいらしたのはNHKアナウンス室のリポーター佐々木彩さん。聞けば特技は空手と剣道。どうりで真剣なまなざしでのインタビューでした。わたしも武道好きですのでまた武道談義もできたらいいなあと・・・。まじめで上品な雰囲気が素敵な佐々木リポーター。ツーショット写真を撮り忘れたのが残念でした。

 

リポーター佐々木彩さんブログ
http://www9.nhk.or.jp/nw9-blog/1400/



2014年4月ジモアクリニックガイド


2014年春に神楽坂通り整体院のリニュアル打ち合わせをしていたときに新宿区・豊島区の 地元情報誌ジモアさんから取材の申し入れを受け、掲載いただきました。

~わたしの街の医療機関・健康情報マガジン~ジモアクリニックガイド“創刊号”です。

表紙は向井亜紀さん。ご存知格闘家の高田延彦さんの奥様。わたしとは1つ違いなのですね。美しい~。お二人で運営されている「高田道場」はわたしどもの姉妹院・武蔵小山整体院のすぐそばです。何かとご縁がありますね。

巻頭特集記事によると、向井亜紀さんはご自身の闘病生活(子宮頚がん、S状結腸がん、鬱、敗血症・・・)とその克服から、健康の大切さ、自己の明るいイメージの大切さを痛感され、子どもたち向けの体育教室「高田道場ダイアモンドキッズカレッジ」などで啓蒙活動に尽力されているそうです。

・「医は仁術」と思える人間的に尊敬できる主治医とのであいがあった。
・運動をとおして子どもたちの心がどんどん開いくのをみてポジティブになれる
・「このひとを笑顔にしたい」がイメージの原点
・「小さな目標を大切に、楽しいイメージを普段からコツコツ集めていきたい」

・・・向井亜紀さんのことばにはとても共感するものが多いです。

 

掲載いただいたのは「教えて先生!Q&A」のコーナーです。

今回は、産後の骨盤矯正にまつわる質問応答のテーマで取材をうけました。


 

もともと、わたしが産後の骨盤矯正をはじめたのは今から8年ほど前の2007年ごろです。3姉妹の育児中の女性がご来院されて腰痛肩こりの他全身疲労困憊で吐き気やめまいも訴えられていました。もともとタフで多彩で活動的な方だったのですが、日々待ったなしの育児の大変さをその方を通して痛感しました。

その後も二子のおかあさんやハンデのあるお子さんを育児なさっている方が続き、対応させていただくなかでお母さん自身が「体の緊張を緩めること」「骨盤や背骨を整えること」「体幹を使った日常動作でカラダを養うこと」の重要さと、お母さんがリラックスして少しでも快適であるかどうかが、お子さんの心身の健康な発育に大きく影響していくことを感じました。

また女性としていつまでも若々しく美しくありたい気持ちを大切にしたいと思いますので、「カラダをひきしめたい」「サイズをかえることなくドレスやパンツを楽しみたい」「あわよくばよりキレイになりたい」という願いにはできるだけお応えしたいと考えます。

美脚つくり、骨盤の引き締めをすると肩・背中・腕のハリや凝りがおこりにくくなります。 軸がとおり体幹がしっかりまとまってくるので無駄な力が抜けてしなやかな身体になっていきます。 「キレイ」と「らくらく」はひとつのことであると実感していただけるように施術をしていきます。抱っこの仕方、ベビーカーの押し方、あやしかたひとつとってもご自身の体に負担をすくなくし、お体を引き締める身体技術を簡単なところからコーチさせていただいています。

お母さんの体調や精神状態はお子さんの順調な成育には大きな影響がありますし、お子さんが大きくなったときもやはりお母さんは元気で美しく、ご自身の豊かな毎日を楽しんで頂きたいと願います。

「当院の産後のケア」


取材のお問い合わせについて


取材のお申込みやお問い合わせはこちらのフォームからお願いします。
ご社名、掲載媒体名、取材の趣旨などご連絡いただけましたら幸いです。


▲ページ上部へ