HOME  > muramasaブログ「姿勢と健康とカイロプラクティック」

muramasaブログ「姿勢と健康とカイロプラクティック」

軸のズレ?歪みからの解放?

の男(右側)の身体軸がズレているのは、見て取れるでしょうか?

卒業写真w池田健二師範

偉大な師範のよこで緊張しながら、上半身だけ寄り添っているのでしょうか?

いいえ、この男は実直に毅然と失礼無いように最大限真っ直ぐに只立っている。四年間にわたって体育会剣道部の激しい稽古に耐えてやりきった充実感でいっぱいに成りながら、尊敬して止まない偉大な師範のそばで直立不動を示している。

であるにも関わらず、この男の上半身の軸は、下半身の軸と5cm程、右にズレているのが見て取れますか?

上半身軸下半身軸 - コピー

この男の剣は拍子が独特だった。思わぬ軌道から思わぬ間で振り込まれた。「お前の剣はよく当たる。そしてなぜか決まらない」とは師範の言葉。また、主将からは「当たった見たいだけど一本に成らない。それは剣道の打突とは違う」と否定されていた。

剣道の技は一瞬で決まる。相討ちに近いギリギリの戦い。僅かの差が勝敗を決める。

比較的遅い10歳で剣道をはじめたこの男は16歳で椎間板ヘルニアの手術を受けて、左脚の激痛からは解放されていた。

4年のブランクの後に、剣道に復活して稽古に励んだが毎年全国進出するチームのついにレギュラーになることはなかった。

社会人として道場に立ったときは、「左腰が逃げている」と指摘を受ける事があったが、それを良くは呑みこんでいなかった。

42085349_1878553268931140_6453484826652573696_n

カイロプラクターとなり、人様の身体の機能が充分に発揮されているかどうか、歪みや捻れ、軸の不安定が酷くはないかを見つめる職業について経験を重ねてから、男はその己の姿に直面して愕然とした。そしてようやく眼から鱗が落ちた。

「私は、わたしの左脚にたいする信頼を無くしたままで闘っていたのだ。当たっても当たっても貫くことの無い剣で、空を切っているだけだったのだ。」

それを掴んでからは、歩き方が変わった。腹が決まって安定感がでた。以前とは全く違う身体感覚がそこにはあった。それは物事に対する取組姿勢にも少なからず変化を起こして行った。

自分を客観視できると他人の言葉もまた素直に耳に入ってくるのだった。自分の実態が掴めると己に変化を起こし、自分に違いを作れる。そうやって見いだした己は、以前にも増して信頼感が高いのだった。

言いたいことを言い、やりたいことをやる。へこたれ無い。貫く。そしてそれに伴って人の言葉の真意や、背景に思いを致すようになってきた。自他に敬意を払うことの確かさを感じながら呼吸する。

「心臓に毛が生えているのか?馬鹿なのか?」とは 以前から言われることがあったが、より図太くなったかもしれない。そして周囲の人々の意図を聞き取る心の余裕も生まれてきた。

 

相変わらずトリッキーな動きながら確りと貫く強かさを持ち合わせて、男はまた道場に立つ。大好きなことを存分に楽しむために生まれてきたのだと男は思う。

カラダ快適!こころも、余裕。
和みのカイロプラクター村井雅紀

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

▲ページ上部へ

営業時間のご案内 神楽坂整体院ブログ 子育てママへ どんな症状でお悩みですか?【頭・顔・首】 頭痛 / 目の疲れ・首のこり / ムチウチ/ 顎の痛み/ めまい・耳鳴り/  など【肩・腕 肩こり】 / 腕や手のしびれ / 四十肩 / 肘の痛み / 腱鞘炎/  など【腰・背中・胸】 ギックリ腰 / 慢性的な腰痛 / 背中の痛み / 胸が痛む / など【臀部・脚】 坐骨神経痛 / 膝が痛い / 足の裏が痛い / 足が冷える / など【全体・自律神経系】 体がだるい / 寝つきが悪い / 生理痛がひどい / 下痢・便秘 / など【産前・産後のケア】 妊娠中の腰痛・体の違和感 / 産後の骨盤ケア /など