眠っていて目が覚めたときに、首の後ろや首から肩にかけての痛みが出ることがあり、いわゆる「寝違え」と言います。首を動かすと痛みが出る時もありますし、痛みで首を動かせない時もあります。

何が起こって痛みが出ているかについては、病院に行っても検査や画像でとらえられるような変化がないのが一般的です。

当院では、寝違えの患者さんもたくさん来院されており、皆さん1~3回ほどで痛みがなくなるケースが大半ですよ。263055041

☑ 首を動かすと痛みがある

☑朝起きてから首が動かなくなった

☑振り向くと首から背中に痛みがでる

手や腕がしびれている

☑ 良く首を寝違える

☑湿布を張っても良くならない

☑痛み出してから数日たつがまだ痛い

寝違えの原因とは?

寝方が原因

朝、目が覚めて起き上がろうと不意に体を動かすと「あ、イタタ…!」首に激痛が走り、顔を動かすことが出来なくなります。

寝違えの大半のケースは、このように朝の起床時に多いです。

就寝時の姿勢
(首を不自然な角度にして寝ていた)

寝具が合っていない
(枕の高さ、マットの硬さが合っていない)

 

違寝えとは首に疲れがたまり、関節や筋肉に炎症が起きる症状です。

あくまで寝方はキッカケに過ぎず大半は『疲れている体に原因があります。

筋肉の疲労の原因

不良姿勢、首や肩のコリ
(猫背などで首に負担のかかる姿勢が続いた)

精神的な疲れ
(強い精神的ストレス)

 

こんなことありませんか?

疲れがたまり、帰り道の電車の中で座ったまま少しの時間寝てしまっただけで、起きたら首が痛くなっていた。

家でゆっくりしていて、ソファーで少しの時間寝てしまい起きたら首を動かすと痛い。

共感できる方、筋肉の疲労がすごく溜まっていて、寝違えが起きやすくなっています。

 

例えば、パソコンやスマートフォンの操作で長時間首を傾けていると首や背中に疲労が溜まります。さらに姿勢が悪かったりすると、首への負担が大きく、寝違えが起こりやすい体になってしまいます。

そのため、寝違えは、何度も起きてしまう可能性があります。しっかりと原因を取り除いていきましょう。

やってはいけない事!

アンケートをし、「寝違えた時にどうしていますか?」という質問に「無理やり揉み解してごまかしている」と答えた人の割合が一番多かったです。確かに、「寝違えたみたい~」と言いながら自己流で首を軽く揉んだりさすったりしている方をよくお見掛けしますよね。295016000

  自己流で無理にマッサージ

寝違えは首の筋肉や筋の捻挫のようなもの、とも言われています。

痛みがあるうちは自己流のマッサージやストレッチはNG。かえって痛みが激しくなる恐れも。

温める

「寝違えたらすぐ温めるのは効果的なんじゃないの?」と言う声が聞こえてきます……

温めるのは逆効果、むしろ厳禁なのです。炎症が起こっている時に温めると、炎症を悪化させてしまいます。

神楽坂通り整体院で寝違えに行う施術

当院の施術は、基本的に【トリガーポイントセラピー】となります。

症状の強く出ている寝違え当日でも問題無く施術が可能です。むしろ首の痛みが酷く動けない時ほど一刻も早く改善処置を施すべきでしょう。

軽度症状でしたら、1日放置でも夜には回復する事が多いですが、原因箇所はそのままの状態になり、また無理をしたり特定の負荷がかかると寝違えが再発するリスクになります。寝違えが下手にクセ付かない様、早めに原因箇所の改善をオススメします。

電話で予約・お問い合わせ