テニス肘でお悩みの方


☑ テニスでスイングすると痛む

☑肘が痛くてペットボトルのふたが開けられない

☑肘の曲げ伸ばしや細かい作業で痛む

☑重いものを持つときに肘が痛い

☑ テニスはしていないのに、病院でテニス肘と診断された

☑ 肘が痛くて、仕事や家事育児に支障がでている

☑ マッサージに行っても改善されない

テニス肘とは?

テニス肘の正式名称を「上腕骨外側上顆炎」(たんとうそくしゅこんしんきん)といいます。

ラケットでボールを打つ動作を繰り返すことで肘の外側に負担がかかり痛みが生じます。

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)| Dr.KAKUKOスポーツクリニック

 

主に『 短橈側手根伸筋 』(たんとうそくしゅこんしんきん)などが使い過ぎ、または正しく使えていない事で過緊張から痛みを引き起こします。
この短橈側手根伸筋は手首を伸ばす働きをしています。

物をつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが出る状態です。多くの場合、安静時の痛みはありません。


原因はテニスだけではない?

痛みがあるのは肘ですが、手首や指の使い過ぎが「テニス肘」の原因にもなります。

ビジネスマン

最近ではパソコンの使い過ぎで発症する方も多くいます。あるいは重いものを持つ仕事でも生じます。また、赤ん坊を抱っこするようになって生じることもあれば、主婦の方で特に負担をかけているわけでもないのに発生することもあります。

悪い姿勢と肩こりに悩むママ向け!原因と改善法を知って体をラクに ...

なぜなら、指や手首を動かす筋肉は肘から伸びているので、使い過ぎて筋肉が酷使され肘の痛みに繋がります。

名前は「テニス」と入っていますが、必ずしもテニスをしている人にだけ生じるわけではないんです。

30~50歳の女性にも多く発生したり、デスクワークでも発症します。

日常生活では、「物をつかんで持ち上げる」「ドアノブを回す」「タオルを絞る」「キーボードを打つ」などの動作をしたときに強い痛みを感じます。


テニス肘のいくつかの痛みパターン 

 

つ目は、手根伸筋と呼ばれる筋肉です。手根伸筋(図の×の部分)はテニスをしていて負担がすごくかかりやすい筋肉になります。

ひどくなると赤い部分の手首に痛みを引き起こします。 


つ目は、大胸筋と呼ばれる筋肉です。大胸筋も同じでテニスをしているうえで大事な筋肉になり、酷使されやすい筋肉になります。

ひどくなると肘の方にも痛みを引き起こすこともあります。

テニス肘がなぜ改善するのか?

つらいテニス肘の原因がどこにあるかを上の図でも説明しましたが、そこをきちんと見極めて、的確に筋肉にアプローチしていきます。また、肘を傷める方は、肩や腰の可動域が低下している事が多いです。神楽坂通り整体院では、体の歪み、関節の動き、を検査をして体の状態をしっかり把握し固まった関節にもしっかり動きをつけていきます。

テニスがしやすい体を作っていきましょう!

 

テニス肘についてよくあるご相談

○テニス肘を改善したい。

→テニス肘に特化した施術があります。

○マッサージなどを受けたが変わらなかった

→関節や筋肉への的確なアプローチをします。

○痛い治療は嫌だ

→痛みの少ない施術をしていきます。

○ボキボキされたくない

→ボキボキを行わない方法もあります。

テニス肘の検査法

Thomsenテスト(トムセンテスト)

肘を伸ばし、手首を上に反らした状態から、逆の下方向に力を加えた時、肘の外側に痛みが出るかを調べる。

chairテスト(チェアテスト)

椅子を持ち上げた時に肘の外側に痛みが出るかを調べる。

指伸展テスト

中指を下に押し、その逆に中指を上に持ち上げるようにした時、肘の外側に痛みが出るかを調べる。

電話で予約・お問い合わせ